新著『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)発売中!


by eigoyasan

best before(賞味期限)

先日、英国の知らない会社から来た依頼の中に"Best before: see base."という文言があった。これだけなら何のことやらピンと来ないが、その前に食品の原材料の記述があったので、「ああ、缶詰などの底に書いてある『賞味期限:底面(缶底)に記載』とかいうあれだな」と気付いた。

実は英語圏で生活経験のない私の場合は、日用品に記載されているこの種のありふれた言葉を見慣れていないので、少し苦手だ。

たとえ海外からの輸入品でも、日本で売られている食品の類はほとんどその上から日本語のラベルが貼ってあるので、英語では何と書いてあるのか気付かない。法律か何かでそう決められているのだろうが、日本国内在住の外国人にはかえって不便のような気もする。

特に食品の原材料については、アレルギーのある人には生命にかかわる問題にもなりかねない。せっかく英語で書いてあるなら、それはそれで読めるように、日本語のラベルは別の場所に貼っておくような配慮があってもいいように思う。

なお日本語でいう「賞味期限」は、現在では生鮮食品などの「消費期限」と、加工食品などの「品質保持期限」に区別されている。私はこの分野の専門家ではないのでよくは知らないが、広義の「賞味期限」は後者の意味にほぼ近いようだ。英語にはこのほか、shelf lifeという言い方もある。覚えておくと便利だ。

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第15号掲載) ©Yoshifumi Urade 2004
[PR]
by eigoyasan | 2005-07-09 09:02 | こんな英語、見つけたよ