新著『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)発売中!


by eigoyasan

available(使える、利用できる)

実務で英語を使っていると、availableという単語は本当に重宝する。

そのことに私が気付いたのは、たしか会社の現場で仕事をするようになってからだった。「在庫がある」は、The inventory is available.といえばいい(拙著『国際業務のABC』pp.35-36参照)。

「市場に出回っている、販売されている」という意味でも使える。たとえば、Is such an option available?(このようなオプション品は買えますか)という具合に使う。「市販されている」という意味をより明確にしたいならcommercially availableという表現がある。

Are you available tomorrow evening?(明日の夕方は空いている?)というように、人についても使える。応用範囲の広い、実に便利な形容詞である。

これほど便利な単語なのに、学校ではあまりよく習った記憶がない。もちろん、教師は一生懸命に教えていたのに、私が聴いていなかっただけかもしれない。

だが、この言葉を英和辞典で引いてみると、辞書によってはそれほど多くの紙面が割かれていないことに気付く。私のパソコンに入っている辞書でざっと検索してみたところ、この言葉の様々な用例を多数収録している辞書がいくつかある。

そのひとつが、以前から機会を捉えては皆さんにお奨めしている『ビジネス技術実用英語大辞典』(海野文男+海野和子 両氏編、日外アソシエーツ)である。私が愛用しているCD-ROM版のほか、(紙の)書籍版も以前から出ている。

実務で英語を書くなら、普通の英和辞典や英英辞典のほかに、こういった使い出のある単語やその用例が充実している実用的な辞書を備えておくことをお勧めしたい。

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第8号掲載、一部加筆) ©Yoshifumi Urade 2003
[PR]
by eigoyasan | 2005-05-31 10:01 | こんな英語、見つけたよ