新著『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)発売中!


by eigoyasan

<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

行くネコ、来るネコ

d0032027_18132382.jpg先月、ドラを失ったあとにまた悲しい出来事がありました。この家の庭先で6年間も暮らしていた外ネコのミケが突然、行方不明になってしまったのです。チラシを作って近所中を尋ねて回りましたが、影も形も見えません。これで当家のネコはただ一匹、ミケの姉妹のクロちゃんだけになりました。

このように悲しい思いはしたくないので、今後はもう新しいネコは飼いたくない…と思っていた矢先のこと。ドラが亡くなる数日前から庭先に出没していたノラネコが、家から離れなくなってしまいました。

この子は今年2歳のオス。ノラネコなのになぜ年齢がわかるのかというと、去年の今ごろ、生まれて間もないこの子が庭に入ってきたのをよく見ていたからです。「ニ、ニ、アン、アン」と、あまりネコらしくない声をあげていたこの子を、私は勝手に「ニーくん」と呼んでいました。

ひさしぶりに見るニーくんはすっかり大きくなっていました。どこかでご飯をもらってここまで育ったのでしょう。それでも、ミケの残したご飯を食べようとするので、仕方なく別の皿にご飯を入れてあげていたら、頻繁に通ってくるようになりました。オスにしては気の弱いニーくんは、ミケに威嚇されると怯えて逃げましたが、いつの間にかまた戻っていました。

ミケが姿を消したあと、ニーくんはすっかり家の軒先に居ついてしまいました。ドラが残していったネコ缶をあげながら、私は内心、「男の子だから、そのうち旅に出ちゃうね」と、いなくなってくれることを期待していました。ところが、このニーくんが急に何も食べなくなりました。だるそうにして動かないので、身体を触ってみるとかなり熱い。やむなく、ドラがお世話になった獣医の先生のところに連れていきました。

ニーくんは1週間ほどで退院できました。幸い、大きな病気ではなかったのですが、このひ弱さでは、ノラネコとしてそれほど長く生きられないのは目に見えています。家内と相談して、ドラのいなくなった家の中で飼うことにしました。

家に連れ帰ったニーくんをそっと出してやると、臆病な彼が真っ先に飛び込んだのは、あの静かな和室の奥の物入れでした。ドラが永遠の眠りについたまさにその場所に潜り込んで、そこから私たちのほうをじっと見ていました。

その日はそこからほとんど出てこなかったニーくんも、翌朝にはもうすっかり慣れて、部屋の中を歩き回るようになりました。さわってみると、「ゴロゴロゴロ!」と勢いよくのどを鳴らします。どうやらこの家がすっかり気に入ったようで、外に出たがるそぶりも見せません。

私が「大丈夫? ドラちゃんの跡を継げるの?」と声をかけると、ニーくんはひとこと「アン」と答えました。こうして、また新しいネコとの暮らしが始まりました。
[PR]
by eigoyasan | 2005-06-26 18:13 | Milestones
いわゆる受験英語で育った私のような人間は、やたらと長い単語は知っているくせに、日常よく使われている簡潔な語彙に欠ける傾向がある。一世紀ほど前に書かれたような「試験によく出る」評論文や長文ばかり読まされてきた報いかもしれない。

かつて翻訳を頼まれたアメリカ英語の表現集(注)に、"Picky picky picky."という表現が出てきた。私がよく校正を頼む米国人がときどき「こだわりすぎだったね」という意味でそうメールに書いてくるので知っていたものの、その意味や使い方を私が知ったのはそれほど昔のことではない。

pickyは「えり好みする、あら捜しする」という意味の形容詞である。辞書を見ると口語表現となっているが、けっこうよく使われているようだ。米国のテレビ放送局のニュースサイトを見ていたら、"U.S. Workers too picky?"(米国の労働者は仕事を選びすぎ?)という見出しが出ていた。

このように短く簡潔な言葉は、見出し(headlines)で好んで使われる。たとえば、ヘリコプター(helicopter)の墜落事故に関する記事の見出しはChopper Crashed(ヘリ墜落)のように書いてあることが多い。

もちろん、書き言葉としてよく使う重厚な単語を知っていることは悪いことではない。だが、自戒の念も込めて言えば、私のような日本育ちの英語使いは、こういった"軽いノリの英語"をあまり知らないようだ。

(注)『バーダマン教授の 辞書には出ていないアメリカ英語フレーズBOOK』(James M. Vardaman著、拙訳)

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第14号掲載) ©Yoshifumi Urade 2004
[PR]
by eigoyasan | 2005-06-21 12:33 | こんな英語、見つけたよ
このところ少し空き時間ができてきたので、これを機会にcgiで営業用の「翻訳小僧へのお問い合わせ・ご依頼用フォーム」を作ってみました。

なにしろ私はcgiの知識などほとんどないもので、できるだけ簡単に扱えるフリーのプログラムを探し回った結果、yomiさんのウェブサイト"WonderLink"で私にも使えそうなYomi-Mailerというメールフォーム作成用のプログラムが見つかりました。必要なファイルをすべてFTPでサーバーにアップロードしてしまえば、あとはブラウザで各項目を設定してフォームを完成させられるというスグレモノ。お蔭様で、無知な私でもサクサクとメールフォームを作ることができました。

実は数年前、HTMLのmailto機能を使ってメールフォームを作成したことがありますが、送信元のパソコンのメーラー設定によってはうまく動かないこともあってあえなく廃止…。でも、今度はcgiだから大丈夫! 今まではHTMLしかいじれませんでしたが、これを機会に少しcgiを活用してみたいと思います。
[PR]
by eigoyasan | 2005-06-17 22:59 | 仕事の小道具
技術翻訳の仕事をしている人ならおなじみの表現に、fireproof(耐火性の)とかwaterproof(防水性の)という便利な形容詞がある。後者は「ウォータープルーフ」というカタカナ語になって、すでに日本語でも定着している。

似たようなものをいくつか挙げると、bulletproof(防弾の)、dustproof(防塵型の)、shockproof(耐衝撃性の)、weatherproof(耐候性の、全天候型の)などいろいろとあっておもしろい。childproofというのもある。「子どもにとって安全な」という意味らしい。『ビジネス技術実用英語大辞典』(海野文男+海野和子 両氏編、日外アソシエーツの電子版をお持ちの方は、proofと入れて後方一致検索してみるといい。

先週6月7日(火)発売の『財界』誌掲載のコラム「英楽通法」には、foolproof(フールプルーフ)について書いた。上述の言葉と違って適当な日本語がないが、「fool(バカ)の使用にも耐える」、つまり、誰でも使える、利用者がどのような使い方をしても絶対に危険を起こさないように設計してあるという意味で使われる。これに近い意味の言葉として、生産現場には「ポカよけ」、俗語に「バカチョン」という日本語があるが、漢字で表せるきちんとした言葉が見当たらない。

この言葉に限らず、和訳をしていて適当な日本語がない場合は、カタカナ表記の外来語に頼ってしまうことが多い。しかし、専門外の人に「フールプルーフ」といっても、あまりピンと来ないかもしれない。physicsを「物理学」、libertyを「自由」と訳した明治時代の先人に倣って、漢語を作る努力がもう少し必要な気もする。

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第47号掲載) ©Yoshifumi Urade 2005
[PR]
by eigoyasan | 2005-06-14 15:20 | こんな英語、見つけたよ
Windowsはタスクバーの右下に時計がデジタル表示されますが、なんだか味気ない… そう感じて探して見つけたのが、たらさん制作のフリーウェア「きつねとけい」。かわいい動物(または女の子)のキャラクターが、これまたかわいい声優さんの声で時刻を教えてくれます(音声なしも可)。

この時計、かわいいだけでなくて、とても使いやすいのが特長。アナログ/デジタル表示切り替えはもちろんのこと、カレンダー表示や時刻合わせなど、時計に欲しい機能はことごとくついています。それだけでなく、パソコンのデスクトップに置くことをよく考えて作られています。デスクトップ上の好きな場所に表示させられるし、表示の大小も切り替えらえるし、カーソルを近づけると時計が横に逃げたり消えたりするように設定することもできるので、作業をしていて邪魔になりません。

キャラクターが変えられるだけでなく、季節に合わせて背景の景色が変化するのも風流でいいですね。私のデスクトップにはもはやなくてはならないツールです。
[PR]
by eigoyasan | 2005-06-09 19:08 | 仕事の小道具
国内外で最近、児童虐待(child abuse)を伝えるニュースが後を絶たない。なかでも、児童に対する性的虐待で逮捕された米国の某有名歌手の裁判が注目を集めている。

米国のテレビニュースが伝えるところによると、彼にかかっている容疑はchild molestationだという。暴力等による虐待行為一般を指す用語としてはchild abuseという言葉がよく使われるが、molestationのほうは主に性的ないたずらとか猥褻行為について使われるようだ。

もっとも、その某有名歌手については、もう10年以上も前からそういう噂が絶えずつきまとっている。いかにスーパースターとはいえ、そういう彼のところに大事な子どもを遊びに行かせる親の気が知れない。最近は日本国内でも子どもをないがしろにする親が増えているというが、これもアメリカ文明の影響なのだろうか。

以前、家内とそういう会話を交わしながらNHKの「にんげんドキュメント」という番組を見ていたら、狂言師の野村萬斎氏が3歳のわが子に狂言の稽古をつける場面が出てきた。猿の役を演じるその子に腰縄を打って後ろから追っているその姿を見て、私は「知らない人が見たら児童虐待だと思うね、この場面」と冗談まじりに家内に言いながらも、叱られて泣きじゃくる息子を真剣な眼差しで見つめるその姿に心打たれた。

子育てというものは、ただ甘やかしたり自由に任せたりすることではない。野村萬斎氏の姿には、伝統芸能を息子に継がせたいという思いだけでなく、父から子へと正しく伝えるべき日本古来の父性(paternity)のようなものが感じられた。

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第11号掲載、一部加筆) ©Yoshifumi Urade 2003
[PR]
by eigoyasan | 2005-06-06 09:16 | こんな英語、見つけたよ
ブラウザの検索結果などをWord(2002)のファイルにコピー&ペーストする際に、どうにも気に入らないことがひとつあります。この操作をするたびに、文字列の右下にボタン(スマートタグ)が現れて、書式をどうするか選択しなければならないのです。

しかも悪いことにこの機能、デフォルトでは「元の形式を保持」に設定されていて、(私が知る限りは)変更できないので、コピー&ペーストするたびにいちいち「貼り付け先の書式に合わせる」か「テキストのみを保持」のラジオボタンをクリックしなければなりません。一度や二度くらいならいいのですが、膨大な作業をしている最中に何度もこれをやらされるとイライラします。

そこで探し出したのが、「テキペ」という便利なフリーウェア(作者:まんぼうさん)。これを起動させておくと、余計な書式はすべて解除され、テキストだけをコピーすることができます。こうすれば、いちいちスマートタグが現れて選択を強要されることなく気持ちよく作業を進めることができます。書式も一緒にコピーしたければ、Ctrl+Altを押せば機能を一時停止できるなど、とても機能的にできています。

テキペはこちら(Vector)でダウンロードできます。
[PR]
by eigoyasan | 2005-06-02 13:37 | 仕事の小道具