新著『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)発売中!


by eigoyasan

Googleでワイルドカードを使う

Googleで英語の言葉を引くときに、ワイルドカードを使って検索すると便利な場合があります。任意の英単語を*(アステリスク)で入力して検索する方法です。

たとえば、unless ~specified(別に定めのない限り)という定型表現がうろ覚えで、~の部分が思い浮かばないとします。その場合は、"unless * specified"とGoogleに入力します。すると、unless otherwise specifiedという用例がずらずらと出てきて、otherwiseが正解だということがわかります。

ワイルドカード検索はこのほか、略語の一部が何の頭文字がわからない場合とかにも活用できて便利です。
[PR]
by eigoyasan | 2005-05-15 14:17 | 仕事の小道具