人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新著『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)発売中!


by eigoyasan
先日総選挙があった日本の衆議院の英文名称はthe House of Representativesだが、英語のニュースメディアではよくthe Lower House(下院)と呼ばれている。一方の参議院のほうも、the House of Councillorsという英文名称よりもthe Upper House(上院)のほうが通りが良いみたいだ。

衆議院議員は、辞書を引くと(a) member of the House of Representativesと出ているが、これも英文メディアではよくLower House memberと呼ばれたり、MP(Member of Parliament)と略称されることが多い。日本の国会の英語名はthe Dietで、Parliamentは一般には英国などの議会を指す言葉だが、そのあたりはあまりこだわらないらしい。

ちなみに、衆議院(下院)議長にはSpeakerという独特の呼び方がある。下院議長に対する呼びかけには"Mr. Speaker"という言い方を使う。

これも国によってまちまちだが、二院制の国における第一院としての下院は、民意を反映させるために解散できるようになっていることが多い。日本や英国など議院内閣制を採っている多くの国では、首相はふつう下院から選出される。

先日の衆議院解散では、「参議院で法案が否決されたのに衆議院を解散するのはおかしい」だの、憲法違反だのとグチをこぼす与党議員がいたのには呆れた。この国の憲法(第7条)では、衆議院の解散は内閣(首相)の専権事項。首相が衆議院を解散したければ解散できるわけで、今回の解散もまたそういう人物を総裁に推しいただいた与党の自己責任というものだろう。

前にコラム「英楽通法」(連載第76回「国会」)でも触れたが、国によって議会制度の背景も仕組みも異なり、呼び方も様々だ。私はたまたま政治学を専攻していたのである程度はわかるが、これから勉強してみたい方は一度整理しておくといいかもしれない。 

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第50号掲載) ©Yoshifumi Urade 2005
# by eigoyasan | 2005-09-24 14:27 | こんな英語、見つけたよ

Kyosei(共生、symbiosis)

使い出したのが学界かそれとも産業界かは定かでないが、「共生」という日本語をKyoseiと書いて国際語として使おうという動きがあるようだ。もっとも、Googleなどで検索してみると、少なくともインターネットで見る限りは、この意味でのKyoseiはまだそれほど定着していないようだ。

「共生」に当たるsymbiosisという英語があるので、Kyoseiという単語が普及するまではその単語を併記したほうがいいかもしれない。ただし、symbiosisという単語は、どちらかといえば、たとえばアリとアリマキがお互いに利益を与えながら生存する関係を表した、生物学的な用語として使われることが多い。

いっぽう、ビジネスなどでスローガンとして使われるKyoseiという言葉は、これとは少し違った概念、どちらかといえば「共存共栄」とか、生態系や秩序を破壊することなくともに生存するといった意味合いで使われているようだ。生物学用語で言うところの「共生(=symbiosis)」とは明らかに違う。

日本語の単語が国際語化するのは大いにけっこうだが、伝える側と伝えられる側がその定義をよく知らないままに使うのは剣呑だ。特にまだ普及していない言葉を使う場合は、どこかにその意味をきちんと定義しておくといいだろう。

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第24号掲載) ©Yoshifumi Urade 2004
# by eigoyasan | 2005-09-09 18:35 | こんな英語、見つけたよ

warmonger(戦争屋)

大学受験の前だったか、それとも大学に入ってからだったかは忘れたが、warmonger(戦争屋)という単語を覚えたのを最近ふと思い出した。「戦争屋、戦争挑発者」という意味だが、電子辞書に入っている『ロングマン現代アメリカ英語辞典』を引くと、someone, especially a politician, who is eager to start a war to achieve an aim (目的を達成するために戦争を始める人、特に政治家)とその意味が明快に定義されていた。

要するに、自らの利益を追求するために戦争を仕掛ける手合いのことを俗に言った言葉がこれである。比較的平和な時代が続いていたせいか、この言葉はしばらく記憶の片隅に眠っていたが、最近の国際情勢を見てにわかにwarmongerが多くなったと感じるこの頃である。

ちなみに、BushまたはCheneyとこのwarmongerの2語をGoogleに入れると、面白いほど検索結果がたくさん出てくる。あまりレッテルを貼りつけるような評価は避けるべきだとは思うが、インターネットを使って世界の人々と物の見方を共有してみる視点もまた大切だろう。

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第19号掲載) ©Yoshifumi Urade 2004
# by eigoyasan | 2005-08-14 20:31 | こんな英語、見つけたよ
日本のマスコミが平和主義を志向しているのはまことに結構なのだが、軍備とか安全保障の問題について不見識な関係者が多いようだ。わざわざイラクまで自衛隊の取材に行って「この装甲車は頑丈そうです」と伝えてきたのんきなレポーターがいたのには、あきれてしまった。まるで、「この機関銃は弾丸を続けて発射することができます」と伝えているようなものだ。「装甲車」なのだから、頑丈なのは言わずもがなだ。

もっとも、軍事を顧みなくなって久しい戦後の日本人には、言葉だけでなく、その言葉で表されている事物や行為そのものを知らないことがある。mothballという言葉もそのひとつだろう。"USS Iowa has been mothballed."などと書いてあっても、「USSアイオワをモスボールした」と訳したのでは、何のことやらさっぱりわかるまい。

mothballの元々の意味は、かつてトイレでよく見かけたナフタリンでできた防虫剤の玉のこと。転じて、軍艦をいったん退役させて長期保存用の処理を施すことをいう。米国では、たとえば大型戦艦のように、今日では無用の長物になった旧型の軍艦をmothballすることがある。完全にスクラップにするのではなく、いざ有事というときには現役に復帰させるためである。前掲の文は、「米国軍艦アイオワを予備役として長期保存(のための処理を施)した」という意味なのである(戦後の日本にそういう慣行がないせいか、一語でぴったり当てはまる日本語が見当たらない…)。

日本の海上自衛隊は、艦の保有数が法律で制限されているらしく、最新鋭の新造艦ができると旧型艦は退役させてしまうらしい。もったいない話だが、予備役に回すこともできないし、軍事技術が詰まった船を外国に売却することもできないのだろう。平時の軍隊というのも、コストがかかるものだ。

(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第18号掲載) ©Yoshifumi Urade 2004
# by eigoyasan | 2005-07-31 15:25 | こんな英語、見つけたよ
翻訳原稿や参考資料がPDFファイルで支給されるのはいいのですが、開いてみるとウィンドウの左隅に鍵のマークが表示され、テキストのコピーが禁止されていてがっかりすることがよくあります。これでは、英文表記のまま残しておくべき部分や数字をそのままコピーして使えばいい部分まで、いちいちタイプしなおさなければなりません。

そこでまたインターネットであれこれ探し回ってみたところ、とても便利な閲覧ソフトが見つかりました。(株)オーシャンブリッジが提供している 無料ビューワのBrava! Readerがそれ。これを使ってPDFファイルを読み出してから、ツールバーの「編集」→「選択」を選ぶと、保護されていない普通の文書とまったく同様に、マウスで範囲を指定してからCtrl+Cでテキストをコピーすることができます。

日本語文書の場合、多少文字化けがあるようですが、英文については特に問題はないようです。その文字化け対策についても、同社のウェブサイトの無料ダウンロードのページの「サポート情報」に説明がありますので、必要な方はよくお読みになってからお使いください。

元ファイルの著作権を尊重することはもちろん大切ですが、著作権に関係のない文書まで「保護」されるのは困ったもの。貴重な解決策を無償で提供しているこの会社に感謝します。
# by eigoyasan | 2005-07-25 15:00 | 仕事の小道具